モルタル風カウンターを仕上げる左官業
-掛川市北門O様邸-

人気素材「デコリエ」を使ったカウンターができるまで

「今日はデコリエを塗るよ。
なかなか作業を見ることはないだろうから見においで!」

いつもお世話になっている松本左官さんに呼ばれて、掛川へ。。。

 

デコリエはモルタルの風合いを出すことのできる左官材で、
ウィングホームのOBさんのお家でも何軒も採用されている人気素材です。

でも確かに、

「デコリエカウンターってどうやってできているんだろう。。。??」

 

真っ白な下地の上に、滑らかに練られたデコリエが塗られていました。

 

ナチュラルな光沢があってとても綺麗なんです。
チョコレートをデコレーションしているみたい。。。

今までグレーのモルタル風カウンターを選ばれるご家族が比較的多かったので、
深いブラウンが塗られていてとっても新鮮!!

床や建具の色味に合わせて、通常のブラウンに更にブラックを混ぜているそうです。

細かな色味調整にもこだわりを感じます。。。

 

ここで第一段階が終了!

ということで後日、再度取材に。。。

 

繊細な素材なので、1日では完成しません。

 

ちなみに漆喰を塗るよりも「かなり」大変な作業とのこと。
施工するのに専門の資格もほしいそうです。

優秀な協力業者さん達に
いつも支えて頂いているんだなぁ、と改めて感じました(*^^*)

 

数日後、デコリエが乾ききったら表面を研磨していきます。

研磨シートが何段階もあって、
粗いものから段々と精細なものに交換して磨かれます。

このままでもツルッと滑らかで、耐久性もあるそうなのですが

生活していると
塗れたコップを置いたり油がとんだりするかもしれませんよね。

そんな水汚れや油汚れが付きやすいキッチンなので。。。

 

ここからトップコート仕上げで
汚れに強いカウンターにしていきます!!

これでO様も毎日安心してお料理ができますね(*^^*)
水をはじく素材なので、これなら濡れたものを置いても大丈夫だそうです。

 

トップコート無しだと、油のシミや汚れが取れなくなってしまうそうなので

最後にとっても重要な作業ですね✧

 

最後の最後にハケの毛が付いてしまっていないか
丁寧にチェックして。。。

モルタル風カウンターの完成(*^^*)!!✦

 

今は人の姿が映るほどツルツルですが、
明日には乾いて少しマットな仕上がりになるそうです。

 

重厚感のあるオシャレな素材感が、
お家をカフェ&バーのような特別な空間に変化させてくれますね♪

私もとっても憧れてしまいます!

 

大好きなお家で暮らしたいO様

「一生に一度のお家づくり、

せっかく建てるなら普通のお家じゃなくって

『自分の家好きだなぁ。。。♡』って幸せな気持ちになれるお家で暮らしたい。」

 

先日のインタビューでお家づくりの想いを嬉しそうに伝えて下さったO様。

朝はカウンターに並んでご飯を食べて学校やお仕事へ、

夜は大好きなワインを2人で楽しみながらお喋りタイム。。。

 

このカウンターでこれから沢山のストーリーが生まれてきそうです。。。♪

三角の垂れ壁に、三角の天井、
ワイングラス専用のオリジナル収納に
見る度テンションの上がるO様お気に入りのレンガスタンプウォール。。。

大事な着物のサイズに合わせたオリジナル収納や、
半個室感のある奥行のあるウッドデッキ、
2階のセカンドリビング。。。

 

書ききれないくらいこだわりいっぱいのO様邸。

掛川市北門のO様邸は、2月の2週目に完成見学会予定です。。。☆

 

 

高塚美沙

投稿者: 高塚美沙 広報部

素直さと好奇心とクリエイティブな感性が魅力的な広報担当。 スタッフ紹介