自社でやってるってホント?
~気密測定~

気密って?

家の窓も扉も締め切っているのに…どこからかスースーと空気が通る…

そんな経験はありませんか?

それ、気密が悪い…のかもしれません(._.)

 

気密とは・・・密閉した気体が外部に洩れない、または減圧した内部に気体が流入しない性質を言う。(by Wikipedia)

簡単に言うと、家のすき間が多いか少ないか…です。

 

すき間を表すものとして「C値(相当隙間面積)」があります。

専用の機械を用いて測定を行い、下の式に当てはめることで求めることが可能です。

 

C値 = 家全体のすき間合計面積(㎠) / 延べ床面積(㎠)

 

C値が小さければ小さいほど高気密…

つまりすき間の少ない家になります!!!(/・ω・)/

ウィングホームでは…

ウィングホームでは「全棟気密測定実施」が標準となっています。

また測定士がウィングスタッフのため、数値のみの報告ではなく

「どこから流入があったか」

の共有ができるため、昨日より今日、今日より明日…と日々、気密性を高めています。

 

その成果もあってか…

昨年の1年平均は「0.68」、最小C値「0.29」を記録することができました。

気密を高めるために…

現場でも職人たちが各々、気密を高める工夫をしてくれています。

気密テープを貼ったり…ウレタンスプレーを吹いたり…

細かいところまでしっかりと施工してくれています。

 

 

 

そんな様子を隅々まで見られるのも施工中だけ…

そこでウィングホームでは工事中の鍵をお施主様にお渡しして

いつでも好きな時に現場へ来て自由に見ていただけるようになっています。

 

我が家が出来上がる様子をお好きな時間、お好きなタイミングで好きなだけ…

たくさん見て安心してお家づくりを楽しんでもらえたらと思います*

 

山崎瑞穂

投稿者: 山崎瑞穂 建築士

女性二級建築士。細かな気配りができる3Dプレゼンマイスター。 スタッフ紹介