WH WEBMAGAZINE
工務店スタッフブログ

住宅点検物語
~掛川市矢崎町M様邸~

M様邸、15年目の住宅点検

ウィングホームのアフター担当の岡本です。

この日は15年目の住宅点検に、掛川のM様邸にうかがいました。

今ではウィングでは塗り壁が標準ですが、15年前だとサイディングの壁も採用されていました。

このM様邸もサイディングの優しい雰囲気のお家。玄関上を見上げると樋の上にツバメの巣が。ピーピーと口を開けるヒナの姿も見えます。

「ネコ4匹も飼ってると、動物好きだと思ってツバメも寄ってくるんですよね~」と、優しい目でヒナをながめるMさん。本当に動物好きなのが伝わってきます。

それでは、まずは外回りのチェックをしてきますね!

シロアリ保証の更新検査も兼ねて

築年数からコーキングの劣化が考えられるので、サイディングの継ぎ目や窓まわりのコーキング状態をチェック。うん、問題なし!

また、15年目はシロアリ保証の延長時期でもあるため、更新検査も同時に行います。外回りの基礎部分や、あとで見る床下のチェックは重要のため、特に気をつけて見ていきます。

 

次はお家の中へ。階段で小屋裏へ上がろうとすると、すでに上で待っている影が。

4匹のうちの唯一のオスネコ、ソラくんだ。一緒に点検をしてくれるようで頼もしい。

 

 

最後は、床下の点検へ。

大きくぐるりと一回りしていき、最後のコーナーを曲がったところで、何か気配がする。。。いつも感じたことがない感覚だ。

コンクリートの隙間からおそるおそる奥の方にライトを当てると、

いた~!!!

4匹のうちの一番の好奇心たっぷり猫、ハナちゃんがいつの間にか床下に入り込んでいました~。

これはさすがにビックリでした。

いろいろありましたが(笑)、15年目の住宅点検と、更新検査も無事終わり、

シロアリ延長保証の書類をお渡しすることができました。

幸いなことに、ウィングホームで建てた保証物件で、今までに一度もシロアリ被害はありません。

それでも、もし何かあったときのために10年目以降5年ごとの延長保証をおすすめしています。

次はどんな物語に会えるのか、私も日々楽しみに住宅点検にうかがいます!