こどもみらい住宅支援事業はじまります! 

こどもみらい住宅支援事業

以前もブログに書かせて頂いた「こどもみらい住宅支援事業」がいよいよ動き出しました!

こどもみらい住宅支援事業は、予め本事業に参加のため登録をした事業者と

新築やリフォーム工事の契約を締結し工事を行い補助金の交付申請をします。

申請も登録事業者でなければ行うことができません。

 

 

事業者登録完了しました!

この度、ウィングホームも事業者登録が完了しました!

新築工事は基礎工事が完了する頃、申請が可能となります。

(対象となる世帯、対象となる新築住宅に一定の条件があります)

リフォーム工事については、工事完了後の申請となります。

(世帯は問いません。対象となるリフォームをした場合に申請できます)

 

どんな工事が対象になるの?

新築工事についてはわかりやすいと思いますので、

今回は、リフォーム工事についてご説明しますね。

先ほども書きましたが、リフォーム工事については世帯を問いません。

ただし、子育て世帯、若者世帯は上限が引き上げられます。

まず、①~③の工事のいずれかを行う場合が対象となり、④~⑧は、①~③の工事と同時におこなう場合のみ補助の対象となります。

①開口部の断熱改修

(既存窓を利用して複層ガラス等に交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換など・・・)

②外壁、屋根、天井又は床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

(太陽熱利用システム、節水型トイレ、断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓の設置)

④子育て対応改修

(家事負担軽減に資する住宅設備の設置、防犯性向上に資する開口部の改修、キッチンセット交換を伴う対面化改修)

⑤耐震改修

(昭和56年5月31日以前に着工された住宅が対象)

⑥バリアフリー改修

(手摺の設置、段差解消、廊下幅の拡張、ホームエレベーター、衝撃緩和たたみの設置

⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

 

 

 

その他のポイント

その他のポイントは・・・

★補助額が5万円以上で補助申請が可能となること。

★必ず事業者登録している業者と契約締結し、工事をおこない、

交付申請に必要となる工事前の写真を撮影しておくこと。

 

 

具体的な工事は?

例えば・・・

お風呂を改修してシステムバスへ交換の場合

①外窓交換(小) 補助額 ¥14,000-

③高断熱浴槽 補助額 ¥24,000-

③節湯水栓 補助額 ¥5,000-

④浴室乾燥機 補助額 ¥20,000-

合計補助額 ¥63,000-となります。

 

結露や、騒音が気になる方には内窓設置

①1間の幅の掃出しの窓 1カ所  ¥21,000-

①1間の幅の腰窓 2カ所  ¥16,000- × 2 = ¥32,000-

合計補助額 ¥53,000-となります。

 

もちろん、ついでにお掃除しやすいレンジフードに交換しちゃおうかな?!

(補助額¥10,000-)

節水型の便器や、お掃除しやすい便器に交換しようかな。。。(補助額¥19,000-)

宅配ボックスほしいな~(補助額¥10,000-)

ということも可能ですよ!

 

もうしばらく、お家時間が長い日々が続きそうです。

リフォームをお考えでしたら、補助金がもらえる間にお得にリフォームをされたらいかがでしょうか?

 

長島麻衣子

投稿者: 長島麻衣子 専務

子育て目線でお客様の暮らしの提案ができる働く建築士ママ。 スタッフ紹介